2016年11月1日火曜日

東京 植物制作スクーリング Ⅲ-2

前回の植物写生スクーリングを基にした、植物制作の授業が行われました!
この授業では、寺院の天井画をイメージした円窓を描き、中に花、円の内外に箔表現を施す授業です。

箔は大変薄いものですので、扱いには技術が要ります。
その技術を習得しながらの制作!
苦心しながらも、箔の幅の広い表現に魅せられた方も多かったと思います。

また、主題である円の中の花の描き込みも、写生スクーリングでの頑張りが実を結び、
今回の制作でも自然と手数が増えていたように思います。
情熱が写生を見ることで再燃しているように感じられました!

「楽しい!!」と、いつも以上に笑顔が見られたこのスクーリング。
皆さん、個性ある作品に仕上がりました!!

教員による、箔押しのデモンストレーション!!


箔の包みを開ける緊張の瞬間!

箔押しの、あかし紙を持ち上げている時ってドキドキしますよね。

箔の補修のデモンストレーション。


箔の補修中。
集中力が必要です。

面ぷた(円窓部分のマスキング)剥がし中。
うまくいくとうれしいものです。

横山先生(左)ご指導の様子

箔だけでなく、ユリにも力が入ります!

小滝先生と相談中

木下先生(左)ご指導の様子

砂子実習中!
思ったようにできたでしょうか?!緊張の瞬間!

砂子準備中。
箔が薄いので、扱いも慎重になりますよね。


小滝先生(左)横山先生(右)による合評の様子

みなさん、お気づきになったでしょうか?
箔の輝きが床にもしっかり映っていたんです!綺麗!
みなさん、お疲れさまでした!!!