2017年6月15日木曜日

東京 Ⅰ-1鉛筆写生スクーリング

先日、東京/外苑キャンパスでは鉛筆写生スクーリングが行われました!

このスクーリングは、質感や重量などの異なるモチーフを組み合わせ、三日間かけて写生する授業です。
モチーフは京都と同じ、りんご・煉瓦・ガラスコップ・ハンカチ・ニンニク。
授業は小滝先生と横山先生による導入からはじまり、モチーフを動かして配置を決め、鉛筆での描写へと進んでいきます。
写生がはじめてという方も、経験のある方も、講師と相談しつつ三日間集中して手を動かし続けました。モチーフとよく対峙できていたように見受けられました!

日常何気なく見ただけでは見逃がしがちですが、時間をかけてじっくり見ることで得れる発見、気づきがたくさん詰まった作品が出来上がったと思います。

みなさんにとっては初めてのスクーリング。過ぎてみると、あっという間の三日間。
おつかれさまでした!!


小滝先生による導入

構図の説明中(右:横山先生)

横山先生ご指導の様子

構図もいろいろ、個性が出ますね!

皆さん夢中で取り組まれています!

横山先生と相談中

小滝先生ご指導の様子

細部まで描きこみが!

小滝先生と相談中

合評の様子。皆さん、力作です!!!